趣味の広場

少年サッカークラブのコーチを主な趣味としつつ、木工をやったり、本を読んだりとその時、その時に感じたことを日記として残していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

健康

本日は、私にとってサッカー初蹴りでした。
先週は、1月4日に初泳ぎに行って以来具合が悪くなり、欠席でした。

どうも泳ぎに行くたびに調子悪くなるというのもいかがなものか、と思いつつも、腰の状態を保つには今のところ水泳以外考えられず、困ったものです。

今週は奥様の都合で水泳はお休みでした。

昨年末から今にかけて不整脈が頻発しており、これも困っています。
ストレス→不整脈の場合が多く、ストレス緩和のために安定剤をもらっていますが、それも無くなり、昨夕掛かりつけの医者に行ってきました。聴診では期外収縮かなと言いつつ、結局心電図を取ってみようということになり、残念なことに心房細動が頻発していることを確認してしまいました。
私の場合、普段でも1分間に60回前後しか脈がないのに、心房細動中は2秒間隔になっており、心細いことこの上ない感じです。

町医者にもかかわらず、心臓系が得意な先生はうれしそうに解説してくれます。
曰く、心房細動は血栓が脳に飛んで脳梗塞の心配がある。血液さらさらの薬を処方するには、高血圧だとか、年齢だとかの何項目かある項目で2点以上にならないと駄目で、私の場合は0点だから薬を出すまででは無いとのこと。さらに、頻脈系であれば、脈を抑えて心房細動を収める方法があるが、除脈の人には手が無く、最終的にはペースメーカーだなと。

ペースメーカーは、先生の好きなアイテムみたいで本当に嬉しそうに話をするのです。勘弁してください、といって帰ってきました。

この先生、こちらからきちんと要求しないと、説明がいい加減です。
安定剤もグランパムとアルプラゾラムをもらっていたのですが、不整脈が頻発しているときは本当に落ち着かない気分で寝られず、グランパムじゃあまり効果が無いと訴えると、そうだよね、あれで良く効くなと思っていたというではありませんか。飲んだという安心感かなと。プラシーヴォ効果だったのかと釈然としない思いです。結局、効き過ぎるアルプラゾラムと効かないグランパムの中間を出してくれと頼み、デパスをもらって帰ってきました。

このデパス、けっこう効きます。10時頃寝付いて、起きたら9時でした。ちょっと先生、だいじょぶ?

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。