趣味の広場

少年サッカークラブのコーチを主な趣味としつつ、木工をやったり、本を読んだりとその時、その時に感じたことを日記として残していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東総あすなろリーグ第1~2節~ふれあい坂田池公園陸上競技場

 昨日は、東総少年サッカー連盟主催の3年生あすなろリーグ第1節、2節の試合に出かけてきました。
 朝から雨。それもびしゃびしゃ降っており、絶対に延期の連絡が来るものと思いつつ、出かける段になっても音沙汰無し。
 仕方なく、日吉台小学校に集合し、お母さん方とともに半信半疑の中、会場の「ふれあい坂田池公園陸上競技場」に向かいました。
 だいぶ遅刻してしまいましたが、到着時にはほとんど雨は止んでおり、芝生のグランドということもあり、全く問題なく試合が行われました。
 この大会は、9チームが8人制の試合を4回に分けて、それぞれ8試合を行って順位を決めるということで、現在試行中の大会とのです。
 日吉台SC・3年生は、特別ルールで4年生女子2人を入れさせてもらい、それでも9人しか揃いません。
 昨日は、3年生の一人が熱を出して欠席し、ほかの3年生選手のおとうと君・1年生を入れて、計9人で戦ってきました(一人はウデを骨折しており、まだギブスが取れていないことから本戦は我慢してもらい、結局8人ぴったりで15分ハーフ2試合をやってきました)。
 うちの3年生チームは、3月初旬にここよりずっと狭いグランドで8人制の試合を何試合かやっただけでのぶっつけ本番。先々週に思いついたようにスローインの練習をした程度で、オフサイドもゴールキックも何もかもわからない状況での試合となりました。
ゴールキーパー(GK)は試合の前後半ごとに交替で立候補者にやってもらったのですが、その中の一人はキャッチしたボールをハンドキックで蹴ることなく、ひたすら投げ入れていました。つい最近まで足を骨折しており、今も蹴ると痛いと言っていたので、そのためだとばかり思っていましたら、5人制のミニサッカー大会のGKしか経験が無く、ルール上投げることしかダメなものと思い込んでいたということが、試合が終わってからわかりました。笑っちゃうしかありませんね。指導の不行き届きです。
 また、ポジションはこうだよね、と作戦ボードで示しても、始まると全く関係なく、1年生君に至っては、ボールのあるところ全てに顔を出しており、それはそれで素晴らしい(すごい)ことでしたが、2試合目には全員ぱったりと足が止まり、良いところがないままに終わってしまいました。
 途中でハタと気づき、作戦ボードを見せてから、ベンチ前で「ここがゴールで、向こうに攻めるとして、ポジション順に並んでごらん」と言うと、これが全くわからない。というか、作戦ボードを見ていなかったと言う子まで出てくる始末。きっと見ていたんだろうけど、ポジションの意味すらわからなかったのだろうと思いました。そうやって並ばせてピッチ上に送り出しても、右左を間違えていたり、そんなこんなの試合でした。
 まぁ、最後に楽しかったか?と聞くと、即座に全員が手を上げたのが救いでした。

 あまり意味はありませんが、試合結果は、

対 交進FC 0-3(0-2)(0-1)
 得点のチャンスも数回ほどありましたがピッチの3分の2くらいを全力でドリブルした後ではシュートのへろへろもやむを得ないですね。
対 横芝FC 0-6(0-2)(0-4)
 最初から全然走れていませんでした。
 その後、15分マッチの練習試合を1試合ずつ行って帰ってきました。
 応援の保護者の皆様、ありがとうございました。

 ごめんなさい。保護者の皆様に昨日はひと言言ってしまいました。
 プレイと同様に応援のしかたにもルールがあります。「頑張れ~」、「走れ~」はOK。でも、「そこマーク付いて!」とか「下がって」とか、子供に指示を出すのは御法度です。ベンチ内でも指示できるのは1度にコーチ一人と定められております。
 また、他クラブの試合では、「なにやってんだ!」とご自分の子供を試合中に叱りつけている保護者の方もいて、審判に注意される例も見られています。これは、コーチも注意しなければならないことですが、子供をネガティブに叱ると、子供たちの中にも伝染してしまい、試合中に仲間同士で非難し合う、もしくはいじめるようになります。

 主審をやっていると気づくのですが、ベンチの声が「なにやってんだ!」的なところは、試合中の子供同士も正にその状態になっており、弱い子供は萎縮状態となり、さらにプレイが悪くなるといった悪循環となっています。子供たちのサッカーは、失敗を幾つ減らせるか、たくさんの失敗の中にどれだけ良いプレイを引き出せるかが楽しくて嬉しいところです。
 どうかそのような観点から応援してやってください。

 昨日に限っていえば、55メートル×34メートルのピッチ(もう少し広いか?)を全方位的に30分間2回も(練習試合を入れると3回も)走り回るだけでもすごいじゃないですか。それだけでも驚異です!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。