趣味の広場

少年サッカークラブのコーチを主な趣味としつつ、木工をやったり、本を読んだりとその時、その時に感じたことを日記として残していきます。

サッカークラブ~3年生は踊り場脱出

 現3年生の保護者ときちんと話をしたいね、と以前からコーチの間でそう話していました。
 翻訳すると、「飲み会やりたいね」ということなのですが。

 要は、お母さんたちがサッカークラブに子供を預けるに当たって、どういう希望があるのか、どの程度までやらせたいのか、そんなところの本音が聞きたかったのです。

 先週土曜日、遂に実現しました。3年生8人中、何と半数の4人が集まってくれました。場所は、東金市内某飲み屋。こんな風に書くとやや怪しげな雰囲気がしますが、単に飲み屋の名前を忘れただけです。ハイ。
 結論から言っちゃうと、そんなに多くは望んでいないし、子供が楽しければ良いのかなと理解したような気がします。
sc20170325.png

 最近、3年生の能力向上は踊り場状態でした。
 こちらも、指導力の無さを嘆いていたのですが、先々週の練習時に「原点回帰」という言葉が浮かびました。そう、インサイドキックです。私が受け持った前の世代も、その前の前の世代もインサイドキックから入りました。
 インサイドキックはある意味難しいキックなので、この世代はインステップキックから始めました。でも、紅白戦をやってもどうにもパスがつながらず、パスを出そうという気配も無いことからサッカーの試合にならず、コーチが入っているとはいえ、1年生に負けている始末でした。
 そこで、先々週から、子供たちが一番だらけやすくなると思っていた二人一組のインサイドキックでのパス練習をあえて始めてみました。そのかわり、しょっちゅうプレイを止めて、相手のどちらかの足をきちんと狙わなければいけないだの、トラップは身体を開いて受けるだのと、口うるさく指導してみたところうまくはまったようです。
 指導においてもとことんこだわるとそれなりに結果が付いてくるようです。ずっとトーキックだった子がインサイドキックを蹴れるようになり、少し自信を持ったようです。子供の顔つきが明らかに変わったと感じられたとき、コーチの醍醐味を感じる一瞬です。
 一つ回り始めると次々と上手くいき出すということを経験から知っており、これからが本当に楽しみになってきました。

 今度の大会には間に合いませんが、踊り場から一歩踏み出せた気がしています。がんばります!

スポンサーサイト

PageTop

奥様の内緒

 1ヶ月以上も前に奥様から「3月19日は食事に行くから空けておくように」との厳命があり、何を突然にと訝っていたところです。

 昨日、東金の武田屋さんに出かけてきました。退職を祈念して、というのは何となく理解していたのですが、部屋の扉を開けるや、娘夫婦・子供がいるではありませんか!
 遅れて息子夫婦も来ました!

 奥様のサプライズプレゼントでした。

 聞けば、私にバレないようにといろいろと気遣ってきたとのこと。でも、「今日は畳だから穴の空いていない靴下をはいてね」とか、「飲んでもダイジョウブだから」とか、何となくそわそわしていたとか、朝からメールの着信音がひたすら鳴るとか、予兆はありました。
 気持ち的には家族が集まってくれれば最高だなと思っていました。

 本当に嬉しかった。働き続けてきたことへのご褒美をもらいました。

<お店で出してくれたプレート>
DSC_1802 (207x400)

<娘夫婦から~錫のコップと15.0%のアイスクリーム用スプーン>
DSC_1809 (225x400)
<桐の箱入りでした>
DSC_1811 (225x400)

<息子夫婦から~日本酒と漆器(輪島塗)のぐい飲み>
DSC_1812 (225x400)

 幸せです。

PageTop

花束

人に花束を贈呈したことはあっても、貰うことは皆無でした。
それがここにきて、スゴい勢いでいただいています。
そう、定年退職を祝ってくれる会です。

昨日は、職場の「退職者を囲む会」がありました。今の職場にはたったの2年しか在籍していませんが、こうして祝っていただけると幸せを感じます。

2次会のカラオケでどなたかが歌っていたAKB48の紙飛行機がどうとらこうとかの歌詞に「どう飛んだかが大切だ」とかあり、人知れずちょっと泣けてしまいました。

私の職業人生はどう飛んだのでしょう!?人生そのものが終わるわけでもなく、ましてや再就職を望んでいる身なので、まだまだ飛び続けるわけですが、一段落ということで、少しセンチになっているようです。

残り14営業日です。鳥インフルエンザだけは勘弁です!

PageTop

久しぶりの開店

何と1ヶ月半ぶりの投稿です。
いろいろな事があったような、無いような!

資格試験をひとつ受けました。畜産コンサルタントという、名前だけみるととても偉そうな資格です。簡単な論文を12月に提出し、2月8日に面接試験でした。面接官をやることはあれど、受験者となるのは今の職場を受けた39年前に遡ります。

えらく緊張しました。

無事、合格となりましたが、試験はいつになってもいやなものですね。

最近、順調に週1で奥様とプールに行っています。
さんぶの森元気館は夜遅くまでやっており、お風呂まであります。二つのうちの一つは天然温泉ということが売りだったのですが、レジオネラ菌が検出され、湯船が使用禁止です。
まぁ、それはともかく泳いでます。目指せ1キロということで、20往復です。
時々、ひたすら泳ぎ続けている人を見るのですが、私の場合、今までは2往復100メートルでゼイゼイ言っていました。

考えました。腕の力が衰えているからか、ということで腕立て伏せをやってみたりしたのですが、やっぱりダメでした。
そこで、体幹を鍛えたらどうかと思い、以前買った川澄選手が表紙に載っている体幹トレーニングの本を引っ張り出し、ここ1週間くらい初級編をやってみました。
その結果、体がブレず安定して泳ぎ続けられるではないですか!
本日、最初の100メートルを泳いだ段階で全然問題なく、そのまま200メートルをクリア。
さらに300メートルまで行ったところで、ゴーグルに水が入ってきて、そこで連続スイムは終了となりました。

腰痛にも絶対良いはずと、今後も続けるつもりです。でも、腰にいいと思って水泳を始めたのに、その水泳のためにさらに運動をするっていうのも何なんでしょうね!

PageTop

タイヤのローテーション

 忙しい土日を過ごしました。
 というより、忙しかったのは土曜日です。
 弟が父のところに行くというので、「おまえも来ればいいじゃはいか!」との親父様の一言でサッカークラブをお休みして出かけていきました。
 実は、ずっとの懸案事項でタイヤのローテーションをやらなければと準備をしていたところでした。
 何を準備していたかというと、木曜日に給油に行ったときに、前のタイヤ2.4kg、後ろは2.2kgのところを前に合わせて後ろも2.4kgにしておいたのです。これで前後を取り替えて、後ろの空気を少し抜けばいいかと思ったわけです。

 ということで、50kmの高速走行を前にエイッてなもんでローテーションに取りかかりました。何しろスペアタイヤが無いのでジャッキを二つ用意して前後ともにタイヤを外し、後ろを前に、前を後ろに持って行って再度装着するのです。
 前がだいぶ減っており、後ろのタイヤをはめようとすると、地面につっかえてボルトに入らないのです。しかたなく、前だけジャッキを更に上げ、1時間ちょっとで完了です。

 ディーラーで1本千円と言われて、自分でやることにしたのですが、歳を考慮しなければ駄目かもしれません。タイヤが相当に重く、これで腰を痛めたら医療費の方が高くなるなと考えながら実施した次第です。

 空気圧については、ガソリンスタンドでの空気入れはどうもうまくないようです。ガソリンスタンドに行くまでにタイヤが暖まっており、少し高く出るようです。今回、冷えたタイヤでは0.2kgくらい少なく出てしまいました。そこで思いついたのが、パンク修理材の充填用ポンプです。間に修理材を入れなければ立派な空気入れであることに気づきました。
 空気調整が良いのか、スリ減りの少ない後ろのタイヤが前に付いたことによる効果か、気持ち、スムーズな運転になったような気がしました。

 夜は、突然のサッカークラブコーチ飲み会です。
 バーミヤン6時半集合ということで出かけると、その隣にできた個人の飲み屋が良いのではと相談中でした。結果、「身和(みわ)」に10時半までいることになってしまいました。食べ物はリーズナブルで美味しく、良いお店が開拓できたと皆で喜んだ次第です。
 因みに「身和」とは、身体が和むということでの命名だそうです。

 実は、金曜日にも飲み会があり、2連チャンでした。けっこうダメージがあり、日曜日は回復に時間を要しました。
 反省!

PageTop